森づくりフォーラム・ニュース

2024年1月15日 イベントお知らせ森林と社会と暮らし

【参加費無料】2024年2月16日(金)"薪ボイラー"ってどんなもの? その技術と社会的意義に迫る

お申し込みはこちらから

"薪ボイラー"ってどんなもの?
その技術と社会的意義に迫る

実施日 :2024年2月16日(金)19:00~20:30予定
実施形式:オンライン配信(YouTube Live)
参加費 :無料(視聴参加のみ)

灯油や石油など、地域の外から持ち込むエネルギーから、
薪をはじめとした地域の森林バイオマス資源を活用したエネルギーへと
転換し、地域の循環型経済をめざす動きが展開しています。

こうした中で注目されているのが”薪ボイラー”です。
例えば温泉宿泊施設に薪ボイラーが導入され、
灯油から地元産の薪にエネルギー源が置き換えられることで、
コストを削減しながら地域の山林整備がより活発になるといった
状況が生まれてきています。

この薪ボイラーというものは一体どんな設備・仕組みで、
導入すると地域の流通や資源利用にどんな変化が生まれるのでしょうか。

今回は業務用・家庭用の薪ボイラーの設計・導入・販売を行う
株式会社 森の仲間たち(岐阜県大垣市)の代表取締役 森 大顕さんに、
薪ボイラーを設置している同社オフィスにてお話を伺います。

日 時 2024年2月16日(金)19:00~20:30予定
参加費 無料
参加方法 YouTube Liveによる配信を予定しております。
※お申し込みいただいた方には、視聴URLをご案内いたします。
・当日~2/18(日)まで後追い視聴が可能です。
 以降のアーカイブ視聴は森づくりフォーラム会員のみに限ります。
 ご入会はこちらから:https://moridukuri.jp/member/index.html
申し込み https://furukawa-total-ringyo.peatix.com/view

登壇者

聞き手

​登壇者のプロフィール情報は追ってご案内いたします。

森 大顕さん
株式会社森の仲間たち 代表取締役

1982年生まれ。京都大学大学院農学研究科卒行後、民間シンクタンクで調査・研究に携わった後、地域に根ざして山村再生に取り組むことを目指し、NPO法人地域再生機構に転職。薪流通のコーディネート、需要家への薪ボイラー導入コンサルティングを担当。その後、オーストラリアからボイラーを輸入する株式会社森の仲間たちを設立し、各地の企業と協力し販売網を作り、山村への薪ボイラーの導入を行っている。

相川 高信(あいかわ たかのぶ)さん
林業政策アントレプレナー

京都大学にて森林生態学を専攻後、民間シンクタンクにて、森林・林業分野の調査・コンサルティングに幅広く従事。
2015年より「フォレスター・ギャザリング」を立ち上げ、運営メンバー。現在は公益財団法人にて、バイオエネルギーの政策研究を行う傍ら、全国の林業仲間との交流を続け、新たなレイヤーでの制度を探求している。
2016年、人材育成をテーマに、北海道大学大学院農学研究院より博士号を取得。

主 催

森づくり政策市民研究会(連続講座 第32回)
NPO法人森づくりフォーラム
★本イベントは2023年度「緑と水の森林ファンド」助成を受けて
実施します。

 事務局 NPO法人 森づくりフォーラム内
E-mail:office@moridukuri.jp
★森と未来を一緒につくりませんか?
森づくりフォーラムは、「森とともに暮らす社会」つくる仲間を募集しています。
入会のご案内

※会員の皆さまには、当法人主催イベントの割引や、講座・シンポジウムの記録をまとめた冊子・活動のレポート等をお渡ししております。